愛媛大学工学部 環境建設工学科

イベントニュース   2008.2.12

平成19年度 環境建設工学コース 修士論文公聴会プログラム(T)


愛媛大学主催(愛媛大学研究集会 2007−理工学研究科 5号)
平成19年度 愛媛大学大学院理工学研究科博士前期課程
生産環境工学専攻 環境建設工学コース 修士論文公聴会プログラム(T)


  • 日 時 : 平成20年2月12日(火) 8:30〜18:00
  • 場 所 : 愛媛大学工学部 第26番講義室 (総合研究棟2, 2F)

*旧字体の氏名については,新字体に置き換えさせて頂いています.
発表時間氏 名論文題目
8:30~ 8:55 川島 壮仁 地震ハザード評価のための表層地盤モデル化手法の構築と適用
8:55~ 9:20 河田 皓介 土の変形特性モデルの広範囲な粒度に対する適用性評価
9:20~ 9:45 木村 健輔 造粒製紙スラッジ灰のコンクリート用骨材への適用性
9:45~10:10 河内 義範 空気注入による地盤不飽和化挙動の気液二相流解析による予測
10:10~10:20                   休 憩
10:20~10:45 古川 直樹 組合せ荷重を受ける帯基礎の弾塑性荷重−変位モデル
10:45~11:10 福嶋 浩人 プローブパーソンデータを用いた歩行者の経路選択行動分析
11:10~11:35 土屋   崇 構造体コンクリートにおける透気係数の測定方法の開発に関する研究
11:35~12:00 清水 昭典 ウェアラブルセンサを用いた行動文脈の判別手法
12:00~12:40                   休 憩
12:40~13:05 津吉 靖得 熱影響下の岩盤空洞の挙動に関する基礎的研究
13:05~13:30 重松 慎哉 山岳道路盛土擁壁の簡易な耐震点検法の開発
13:30~13:55 松岡 ちひろ 計測波形を用いた逆散乱イメージング法の検証と欠陥の再構成性能に関する考察
13:55~14:20 長和 剛平 遍路空間の歩き体験をもとにした視覚・思念パターン分析
14:20~14:30                   休 憩
14:30~14:55 山本 朋広 統合型利用者均衡配分モデルを用いた松山都市圏におけるパッケージ戦略評価
14:55~15:20 小谷 昌弘 粉状産業廃棄物自身およびそれを混入した硬化体の物理・強度特性
15:20~15:45 藤本 創士 防災カルテと地震被災履歴に基づく道路斜面の地震脆弱性評価手法の開発
15:45~16:10 二神 雄典 行動の連なりに着目した都心回遊行動モデルの構築
16:10~16:20                   休 憩
16:20~16:45 増田 雅士 地盤の飽和度低下による液状化被害の低減効果に関する遠心模型実験と数値計算の適用性
16:45~17:10 須賀 大祐 RPC補強鉄筋コンクリート梁の断面解析法に関する研究
17:10~17:35 野口 康平 不飽和土の液状化強度特性に及ぼす空気の圧縮性とサクションの影響
17:35~18:00 佐伯 嘉隆 現場実測に基づく道路盛土の地震動増幅スペクトルの開発